ワキ脱毛の全て!! | 脱毛口コミ学園

ワキ脱毛のすべて!
女性なら一度は処理を考えたことがあるであろうワキ毛。
特に夏場など衣服が薄着になる季節はワキ毛が気になってしまいますよね。
今回はワキ毛に関する情報をまとめさせていただきました。

そもそもどうしてワキ毛が生えてくるのか

可能であれば生えてきてほしくないワキ毛ですが、そもそもどうして生えてくるのでしょうか。
髪の毛のように頭部を守るためなら理由は分かりやすいですが、ワキの下は一体何から守ろうとしているのでしょう。
古い祖先まで遡るとその理由が分かります。当時祖先は体が多くの毛で覆われていました。これは今のように洋服を着る習慣がなかったため、体を冷やさないために生えていたといわれています。
そのほか、外からの刺激を受けにくくするためという理由もあります。これはムダ毛がクッションのような役割を果たしてくれるので、怪我をしにくいというメリットがありました。
最後に感覚器官としての役割です。これは今も名残が残っていますが、直接肌に触れる前にムダ毛が触れることで触覚のような働きを担っていました。進化とともに服を着る文化が始まったため、体全体のムダ毛がどんどん薄くなったと言われています。
しかしワキ毛は残ったままです。これには理由があります。
ワキ脱毛の画像1

なぜワキ毛は他のムダ毛に比べて太いのか

人間の祖先が全身毛だらけだったとしても、ワキの下はどうしてこんなに濃いのでしょうか。
他の無駄毛は産毛程度もしくは、産毛より少し濃いぐらいですが、ワキの下だけは髪の毛と変わらないぐらい太くて脱毛を考える人が出てくるほどのムダ毛です。
これには理由があります。実はワキの下の毛は「性毛」と呼ばれていて、子供のころは生えていません。思春期になり子供の体から大人の体に変化するときに性ホルモンの影響によって生えてきます。
そのほかのムダ毛は小さいころから生えている無性毛に分類されます。
あとはやはり大事な部位なので毛が濃くなったという話も忘れてはいけません。ワキの下を見るとリンパ管や太い血管が流れているのが分かります。
万が一傷つくようなことがあったとき、体を守る役割を果たすと言われています。体がどんどん進化をしてもここだけムダ毛が濃いままなのには理由があるからなのです。

ワキ脱毛の画像2

ワキ脱毛の処置の一例

ワキの医療脱毛を検討されている方は、実際にどのような仕組みになっているのか、痛みがあるのではないか、と不安や疑問を持っていることもあるでしょう。
現在の治療法は従来のように熱を使って一度に毛根にダメージを与えるのではなく、専門の機器を駆使し長時間にわたる熱によって脱毛をすることにより、今までのような痛みを防ぐシステムを採用しています。
また、処置する部分は冷却することによって、痛みはほとんど感じないようにしています。
さらに現在は、従来の処置よりもスピーディーで広範囲を処置できるようになったこと、利用される方の時間的な負担の軽減、処置で待ち時間が少ないという快適さもプラスされています。
エステの脱毛では過去に失敗されたという方でも、ワキの医療脱毛は処置や設備がよりグレードの高いものになっているため、より高い性能を期待することができます。
金額的にも手ごろな価格で対応できることもあり、現在多くの女性が利用しています。

ワキ脱毛の画像3

しっかりとクリニックでワキの脱毛をしよう!

ワキ毛の脱毛は自分で処理ができなくはないですがご自身で処置するには、限界があり無理に処置をして誤れば患部に炎症、化膿などさまざまな問題の原因となるリスクがあります。
そういったリスクが心配な方はしっかりとクリニックを選び治療を受けましょう。当サイトでは口コミや評判を基に様々なクリニックを紹介していますのできっとあなたにぴったりのクリニックが見つかるはずです。