脱毛症とは?
脱毛症とは?原因から究明! 脱毛症とは、過去に生えていた毛が、現在では生えなくなった状態を指します。 脱毛症の原因は、複数考えられます。

1.ストレス

ストレスも大きく3つに分けられ、物理化学的ストレス、生理的ストレス、心理的ストレスがあります。 物理化学的ストレスとは、暑さや寒さ、ケガ、気圧の変化、振動や騒音、化学物質などにより引き起こされるストレスです。 夏は暑さのせいでイライラする、深夜の騒音にイライラするといったことは誰しも経験がありますよね? こうしたストレスにより、体毛が生えてこなくなることがあります。 生理的ストレスとは、生理現象で起きるストレスです。 代表的なもので、病気や過労、睡眠不足、ダイエットが考えられます。 心理的ストレスとは、心理的な要因で起きるストレスです。 人間関係や精神的な苦痛、緊張、恐怖、悲しみ、怒り、不安などのマイナスな心理状態の際、 心理的にストレスが増します。 上記のようなストレス状態が酷い場合、脱毛症に繋がります。

脱毛症の種類

1.抜毛症 抜毛症とは毛が正常に生えているにも関わらず、自分で毛を抜いてしまうことで起こる脱毛症です。 その多くは精神的なストレスにより、抜毛をしてしまうようです。 自分で毛を抜くため、毛の抜けている箇所はまだらになっています。 2.円形脱毛症 円形脱毛症は、文字通り円形に毛が抜けてしまうことです。年齢や性別も問わず、誰にでも起きる脱毛症です。 3.脂漏性湿疹 脂漏性湿疹は、マラセチア菌が増殖し、皮膚に炎症を起こすことで起こります。 マラセチア菌は誰の髪の中にもいる真菌のため、悪いものではありません。 しかしそれが何らかの影響によりフケや、かゆみを引き起こし、毛穴が毛根を保持できなくなり、毛が抜けていきます。 4.女性型脱毛症 女性の脱毛症の場合、男性とは違い全体的に薄くなる傾向があります。 毛自体も細くなるので、ボリュームの無い髪の毛になります。頭皮が透けてくるようになったと感じたら、女性型脱毛症かもしれません。 脱毛症の中には、この他対症性脱毛症、結髪性脱毛症、老人性脱毛症があります。

脱毛症とは?原因から究明

脱毛症とは?原因から究明! 脱毛症とは、過去に生えていた毛が、現在では生えなくなった状態を指します。 脱毛症の原因は、複数考えられます。 1.ストレス ストレスも大きく3つに分けられ、物理化学的ストレス、生理的ストレス、心理的ストレスがあります。 物理化学的ストレスとは、暑さや寒さ、ケガ、気圧の変化、振動や騒音、化学物質などにより引き起こされるストレスです。 夏は暑さのせいでイライラする、深夜の騒音にイライラするといったことは誰しも経験がありますよね? こうしたストレスにより、体毛が生えてこなくなることがあります。 生理的ストレスとは、生理現象で起きるストレスです。代表的なもので、病気や過労、睡眠不足、ダイエットが考えられます。 心理的ストレスとは、心理的な要因で起きるストレスです。人間関係や精神的な苦痛、緊張、恐怖、悲しみ、怒り、不安などのマイナスな心理状態の際、心理的にストレスが増します。 上記のようなストレス状態が酷い場合、脱毛症に繋がります。 2 .遺伝的要素 髪が薄くなることは、男女とも遺伝的要因の場合が多いです。 3.出産後の女性ホルモン値の変化 女性の出産は、ホルモンバランスに大きな影響を及ぼします。出産後女性ホルモンが減少することで、毛が抜けます。

脱毛症の種類

1.抜毛症 抜毛症とは毛が正常に生えているにも関わらず、自分で毛を抜いてしまうことで起こる脱毛症です。 その多くは精神的なストレスにより、抜毛をしてしまうようです。自分で毛を抜くため、毛の抜けている箇所はまだらになっています。 2.円形脱毛症 円形脱毛症は、文字通り円形に毛が抜けてしまうことです。 年齢や性別も問わず、誰にでも起きる脱毛症です。 3.脂漏性湿疹 脂漏性湿疹は、マラセチア菌が増殖し、皮膚に炎症を起こすことで起こります。 マラセチア菌は誰の髪の中にもいる真菌のため、悪いものではありません。 しかしそれが何らかの影響によりフケや、かゆみを引き起こし、毛穴が毛根を保持できなくなり、毛が抜けていきます。 4.女性型脱毛症 女性の脱毛症の場合、男性とは違い全体的に薄くなる傾向があります。 毛自体も細くなるので、ボリュームの無い髪の毛になります。 頭皮が透けてくるようになったと感じたら、女性型脱毛症かもしれません。 脱毛症の中には、この他対症性脱毛症、結髪性脱毛症、�����人性脱毛症があります。

脱毛症の治療

脱毛症は自然治癒を期待するよりも、きちんと治療をすることをお勧めします。 病院に行くと、飲み薬などの内服薬、塗り薬などの外用薬、カウンセリングによる精神面でのサポートを受けることができます。 脱毛症には、今すぐできる簡単な治療法もあります。 1.睡眠を大切にしましょう。 毛は寝ている間に成長するため、睡眠が大切です。十分な睡眠を取り、成長ホルモンを分泌させましょう。 2.食べ物に気をつけましょう。 毛に良いとされている亜鉛(牡蠣、牛肉)や良質なタンパク質(魚、卵、大豆類など)を取る事が大切です。 野菜、果物に豊富なビタミン・ミネラルも摂取して下さい。油物は避けるようにしましょう。 3. シャンプーを変え、頭皮マッサージをしましょう。 シャンプーが合っていないせいで、脱毛がエスカレートしているかもしれません。一度シャンプーを見直しましょう。 マッサージをすることで発毛が期待できます。 4. レーザー育毛 病院での育毛治療の中に、レーザー育毛というものがあります。このレーザー育毛は、個人でも購入することができるので、自宅で育毛することができます。 病院で使用されている治療法だけあり、安全性も効果も高いです。価格は安い物から、高いものまで様々あります。 使い方も簡単で、ブラッシングをするだけで良いものもあります。 安く、お手軽に自宅で育毛できるので、周囲にバレることがありません。