鼻の穴の中なので、処理も難しいです。誤って切ってしまう可能性も高いです。
「鼻毛が出ているよ」という恥ずかしい指摘を受けた事があるでしょう。
鼻毛は出ていても、自分ではなかなか気付きませんよね?

エステサロン鼻毛の脱毛って、できるところはあるの?

鼻毛の脱毛って、できるところはあるの? 今まで多くの方が一度は、「鼻毛が出ているよ」という恥ずかしい指摘を受けた事があるでしょう。鼻毛は出ていても、自分ではなかなか気付きませんよね?友人同士と居る時に出ているならまだしも、意中の男性の前で鼻毛が出ていたら、きっと嫌われてしまいます。今ももしかしたら鼻毛が出ているかもしれません。 もし鼻毛が出ていたら・・・と考えるだけでも、恥ずかしいですよね? 鼻毛はきちんとケアしていても、気づいた時には伸びていることがあります。鼻の穴の中なので、処理も難しいです。誤って切ってしまう可能性も高いです。 「鼻毛はどうにかしたいけど、そもそも鼻毛って脱毛できるの?」 と疑問に思われて居る方も多いですが、 「鼻毛は脱毛できます!」 しかし鼻毛の脱毛ができるサロンや、医療機関は、危険が伴うため、非常に少ないです。 鼻の穴はデリケートな部位なので、粘膜を傷つけ、炎症を起こす可能性があるからです。小さく、暗く、狭く、見えにくい部位であるため、施術をすることも大変です。ハイレベルな技術が必要なため、施術を行う事ができる人材も少ないです。しかし裏を返せば、それだけ難しい鼻毛脱毛ができるサロンや、クリニックは技術的に優れていることの証です。 鼻毛の脱毛を考えるなら、危険もあるのであまり中の方まで脱毛せず見え易い入り口辺りを脱毛することをお勧めします。

鼻毛って脱毛しても大丈夫なの?

鼻毛は体にとって大事な働きをしているので、鼻毛を脱毛してはダメと考えられていますが、そんなことはありません。花粉や、風邪などのウイルス、カビ、細菌、煙などの侵入を防ぐのは鼻毛ではありません。鼻から入った有害なものを、体に入れない働きをするのは、咽喉から肺に至る気道の内壁を覆う粘膜と繊毛です。繊毛運動が有害物を体外に排出しているため、鼻毛は関係ありません。繊毛運動は、タバコを吸わないことや、マスクを使用することで、運動効果を上げる事ができます。つまり鼻毛を抜いたからといって有害なものが体に届く事はなく、タバコを吸う方がよっぽど悪いのです。鼻毛脱毛は、安心して受けることができますよ。 鼻毛の脱毛には、ワックス脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛があります。 ワックス脱毛は鼻の中にワックスを入れ、一気に抜きます。激痛を伴いますが、1回でパッと奇麗になるので、結婚式や、デートなど大事な日にすると良いでしょう。 レーザー脱毛は、サロンやクリニックで施術が可能です。レーザー脱毛の場合、鼻の入り口部分のみの施術が多いです。 ニードル脱毛は、毛根から毛を1本ずつ電気絶縁針を使って、 焼いていくので、永久的に毛が生えてこなくなりますが、痛いです。

鼻毛は自己処理で十分?

鼻毛の脱毛は無害ですが、鼻毛の自己処理は、リスクが伴います。 –鼻毛カッター 鼻毛カッターは、鼻毛を簡単にカットすることができますが、電池が消耗すると切れ味が悪くなり、回転数も落ちます。回転数が落ちてくると、鼻毛にひっかかり、痛みがあります。鼻毛カッターは、半年くらいしか使用できず、電池も使うため、費用が掛かります。鼻毛カッターで脱毛すると、鼻汁が出やすくなる、もしくは必要以上に出るというケースも報告されています。 ーカミソリ カミソリでの自己処理は絶対に止めましょう。カミソリでの脱毛は、毛を剃る以外にも皮膚の粘膜も傷つけてしまう可能性があります。 ー毛抜きや、指でひっぱり抜く 毛抜きで鼻毛を抜くと、根本から抜けるため奇麗に脱毛できます。次に生えてくるにも時間がかかるので、長い期間奇麗な状態を保つことができます。一方で毛穴に雑菌が入り込み、化膿する可能性があり、安全とは言えません。 ーハサミ 自己処理の脱毛の中で、一番良いのはハサミでの脱毛です。衛生面でも一番良く、費用も掛かりません。切るだけなので、お手軽なケア方法です。しかしハサミでのケアにも、限界があります。ハサミは毛の途中を切ってるだけなので、すぐに伸び、頻繁に切らなければいけないからです。これでは手間と時間だけが、掛ります。 鼻毛脱毛は自己処理ではなく、専門機関に任せましょう。