コラム
デリケートゾーンの脱毛、どこまでやるのが理想的?

近年、日本でもメジャーになりつつあるVラインやIラインの脱毛。
つるつるに仕上げるのかナチュラル感を残すのか、みなさんどのようにやっているのでしょうか。

 

Vラインはナチュラル感を残してコンパクトに

Vライン脱毛を考えている方に多いのが、「とにかく下着や水着からはみ出したくない!」ということ。かわいい水着を着たとき、無駄毛がはみ出ないかハラハラしながらではせっかくの海やプールを思う存分楽しめませんよね。カレとラブラブな時間を過ごすときにも、ショーツから無駄毛がはみ出していては甘いムードが台無しに。毛が硬い部分のため、カミソリなどの自己処理では伸びかけの時に毛がツンツンとショーツから突き出てきて恥ずかしい…という方も多いようです。
とは言え、日本ではVライン全てをつるつるに仕上げる方はまだまだ少数派。サロンでのVライン脱毛を受ける方でもトライアングル部分の面積を少なくして下着や水着からはみ出す危険性をなくす程度にしたいと思う方が多いようです。
光脱毛などでは最初の数回はVライン全体を処理し、トライアングル部の毛量が減り、毛質が柔らかくなったらそれ以降ははみ出しそうな部分のみに施術するというやり方が理想的ですね。

 

Iラインはつるつる派が多数

Iラインはとにかくつるつるにしたい!と思う方が多いようです。その理由はいくつかありますが、ひとつはセックスの際の見た目の問題。ひとによってはほとんどムダ毛が生えていないこともある部分なので、ムダ毛があるとカレに「毛深いな」と思われそうで心配…という方が多くいらっしゃいます。この部分がつるつるになることで感度が上がり、さらに自信を持てるのでセックスに積極的になれ、カレと濃密な時間を過ごせるようになる…というメリットも。
もう一つは衛生面です。Iラインのムダ毛にはおりものや生理時の経血などが付着しやすく、毛量が多い場合には雑菌が繁殖しやすくなるのでイヤな匂いの発生源になってしまいます。つるつるにすることで汗による蒸れやかぶれも防げるので、生理中や夏でも快適に過ごすことができます。
ですのでナチュラルに毛を残すよりつるつるにしたほうが理想的でしょう。
Iラインは自分では処理しにくい場所だけに、脱毛はサロンにお任せしたいという方が多いようです。

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています