コラム
医療脱毛は機器やクリニックによって痛くない場合も

レーザーによる医療脱毛は痛いのではないかと考える方もおられるかもしれません。
機器やクリニックによっても痛くないかどうかは変わって来ます。

 

医療脱毛は痛くない?

医療脱毛に関してはかつてニードル等のイメージによって確かに痛みもありました。ニードル脱毛の場合は毛穴に針を入れて微弱な電気を流して毛根を潰すという方法だったので痛みが伴いました。
医療脱毛の代表としてレーザー脱毛も挙げられます。光の出力が高い分、痛みがありました。ただしニードルもレーザーに関しても確実に脱毛をしたいのでしたら、効果があるといえるでしょう。
しかし最近では痛くない医療脱毛も機器の発展によって生み出されています。例えばダイオードレーザーは痛みが無く産毛まで対応をする事が出来ます。他にも吸引をする事によって、痛みというより少し熱さを感じるだけの脱毛機器も出て来ています。皮膚を引っ張る事で少ない出力ですがレーザーを効果的に照射する事で脱毛が出来るのです。ただし痛みに関してですが、実は施術者の技術によっても変わって来ますし、レーザーの出力にも大きな影響を与えるので覚えておく必要はあるかもしれませんが、対策として笑気ガスや麻酔を利用した施術を行っている所もあります。

 

医療脱毛の料金と痛みに関して

レーザーを使用した医療脱毛では20万円から30万円の所も出ていますが中には50万円台の所も少なくはありません。ただし設備やアフターケアを考えると安心感は高いと言えます。つまりクリニックによって費用は全く違って来ます。それに部位によっても全く変わって来るので一概には言えませんが、両脇は3万円から15万円で、Vラインは4万円代から15万円。両肘の下は8万円から15万円ぐらいで両ひざ下は10万から20万円のようです。
痛みを強く感じる部位としては顔の場合は眉毛や鼻の下が挙げられます。体に関してはワキやうなじの痛みは強く、手足に関しては、ひざ下やひじ下、ひざ上や足の指が挙げられるでしょう。そして特に痛みが強いのはVIOゾーンと呼ばれる所です。いわゆるVラインとIライン、Oラインです。基本的に太くて丈夫な体毛が生えている部分は痛みが強い傾向があるようですが、これも個人差がありますので一概には言えないでしょう。

おすすめ医療脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

おすすめエステ脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています