コラム
医療レーザー脱毛に於ける脱毛間隔

医療レーザー脱毛は照射のタイミングが重要なカギを握る。
その脱毛間隔とは?

医療レーザー脱毛には最適な脱毛間隔がある

医療レーザーを用いた脱毛では、レーザーの光を照射することでムダ毛を生やす大元の毛母細胞やその周辺の毛根細胞を破壊して再生を抑制する方法であることから、カミソリなどによる肌表面に生えて来たムダ毛のみを処理する方法とは異なってムダ毛の根本から解消することができます。そして、毛根の細胞を破壊することが施術の目的であるためその再生を抑制する程のダメージを与えるには細胞分裂が活発化している細胞を狙う必要があることから照射のタイミングが重要なカギを握り、また毛のメカニズム上一度の照射で脱毛が完了するというものではなく何度か繰り返すことで効果が得られる方法となっています。

そして、その照射のタイミングに関しては脱毛の原理と毛のメカニズムから理論的に導き出された最適な一定間隔があり、これに合わせることで効率的に脱毛が行えるメリットがあります。具体的な間隔については一般的に施術箇所により何か月に1回など目安が設けられていますが、個人差もあることから事前の診察やカウンセリングによってムダ毛の質や肌質また体質等を確認された上で個々の脱毛間隔が決定されています。

 

毛周期や成長サイクルと医療レーザーの脱毛間隔との関係

一般的に目安とされる脱毛間隔については、医療レーザーによる脱毛原理が大きく関係しており、毛根の細胞を破壊することが施術の目的であることからムダ毛が抜け生えするメカニズムに着目して毛周期やその成長サイクルに合わせて照射のタイミングが計られています。
具体的には、毛のライフサイクルである毛周期は成長期と退行期、休止期の3つから成り、成長期は毛根の細胞が活性化して毛を生やす時期で、退行期はその活動が穏やかになり停止へと向かう時期、そして休止期は活動を停止し次の成長期に向けた準備時期となっています。このことから照射のタイミングは施術の目的上成長期にあるムダ毛を狙って行われています。そして、この毛周期は毛が生える体の部分によって異なる為脱毛箇所により違った脱毛間隔が設定されています。
また、毛の成長サイクルのメカニズムとして、体にある毛は一度に全部抜け生えるするものではなくその約3分の1から4分の1程度が肌表面に現れて生え変わる為毛周期とともにこれも考慮されて脱毛間隔が計算されています。

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています