コラム
やけどする?医療レーザー脱毛・サロン脱毛

医療レーザー脱毛で心配なのがやけどです。
どんな状況下が起こりやすいのか、その原因を簡単に説明します。

 

医療レーザー脱毛が肌へ与える影響

 

医療レーザー脱毛にはやけどのリスクが伴います。というのは光の性質が原因です。黒い色に反応して熱ダメージを与えるこの光が問題なのです。照射した部分に黒い色のものが毛根だけならいいですが、ホクロやシミ、タトゥーなど毛根以外の黒色のものがあると、そちらに反応して熱ダメージを与える可能性があります。
それに生理中のデリケートな肌を含む、肌の調子が悪い時に行う施術にもやけどのリスクが伴います。黒い色だけに熱ダメージを与えるのが医療レーザー脱毛ですが、弱った状態の肌に照射をすることで予期せずに赤くなったり、湿疹ができたり、痒くなる恐れがあるのです。
せっかくツルツルすべすべの美肌になるためにしている医療レーザー脱毛で、傷跡が残っては逆効果です。そうならないように、照射は心身ともに調子の良い時に行うことです。仮に施術前日までは全く健康だったのに、当日になったら調子が悪いという状態になった場合、せっかくの予約がもったいないかもしれませんが、その日はキャンセルして予約を取り直すべきです。

 

やけどが発生しやすいシチュエーションとは

 

医療レーザー脱毛によってやけどが起こることはごくまれですが、発生しやすいシチュエーションはあるようです。そこでやけどの原因を探ってみます。
まずは色素沈着、特に脇やVIOなど皮膚が弱く、しかも服などに擦れやすい部分は色素沈着しやすいです。肌の色が他の部分よりも黒いのが色素沈着ですが、これは肌内部で大量発生したメラニン色素がそのまま残ってしまったことが原因です。つまりこの状態で照射をすると肌内部のメラニン色素に光が反応して熱ダメージを与えてしまい、やけどになることがあるのです。また日焼けもNGです。日焼け後の肌も色素沈着と同じようにメラニン色素が大量発生しているので、そこに光が反応する可能性が高いからです。それに生理中の敏感な肌に照射をすることで、思いがけずやけどを負うこともあります。
肌の色が黒い部分、そして体調が悪くて肌が敏感な時に照射をするとやけどのリスクが高まるといえます。色素沈着は仕方ないですが、日焼けは防げるのでUV対策は万全にして、体調の良い時に施術を受けるように気を付けましょう。

関連コラムはこちら

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 脱毛口コミ学園
背中や胸こそ効果的な医療レーザー脱毛!
生理中の医療レーザー脱毛について・永久脱毛・サロン脱毛

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています