コラム
脱毛にも弊害があるのできちんと理解を

ムダ毛の処理はとても面倒な物ですが、美容の事を考えると放っておく訳にもいきませんよね。 その為に自分の手で自己処理をする場合、弊害となるリスクが必ず存在します。  

自己処理による脱毛の弊害について

脱毛 弊害

脱毛 弊害

コストをかけずに脱毛をする方法として、自己処理があります。カミソリや毛抜きを使用するケースが多く、自分でする事になるので、空いた時間に家で手軽に処理することができます。 しかし、注意しなければならないポイントとして、カミソリを使った脱毛では皮膚を傷つけてしまうケースが多くあります。切り口から雑菌が入る事により化膿の危険性が出てきますし、簡単に綺麗になりますが持続効果は期待出来ず、ほとんどの場合すぐに生えてきてしまいます。さらに皮膚を傷つけた場合は、化膿するだけではなく色素沈着を起こして黒くなってしまう事もあります。 道具の選び方でも皮膚を気づけてしまうことがあります。毛抜きを利用する場合は、一本一本抜かなければならないので手間がかかりますし、痛みも伴います。カミソリとは違い毛穴が広がりやすいので、炎症等が起こるだけではなく、広がった毛穴から複数の毛が生えてきて逆に濃くなるという弊害もあります。 自己処理の脱毛は気軽に出来る分、弊害もある事を覚えておく必要があるでしょう。  

脱毛による皮脂に関する弊害と予防方法

脱毛 弊害 カミソリや毛抜による自己処理の弊害として、カミソリ負けや毛抜きにより無理矢理脱毛をする事による肌へのダメージがあります。そこで、脱毛サロン等へ行く選択肢もあります。コストはかかるかもしれませんが、安全性は高いと言えますし、確実に処理が出来れを避けられるのが医療脱毛やサロン脱毛です。 ただし、美容外科やエステやサロン等、専門の場所でも脱毛による弊害はありますので行く前に確認をしておく事が大切です。 例えば、完全に体毛を無くすと乾燥肌の原因になります。皮脂は皮膚を潤った状態にする為にある程度は必要ですが、毛をつたう事によって肌全体に伝わって行きます。なので体毛をなくし過ぎると皮脂が肌全体に伝わらず潤いが失われ、脱毛をする事によって毛穴が引き締まってしまい皮脂が出にくくなってしまいます。これを大抵の方はメリットとしてとらえますが、極度の乾燥敏感肌の方は気にされることもあるようです。 予防方法の1つとして、乾燥肌の場合は全部の体毛を無くすのでは無く、細い毛を残すような施術を行う方が良いかもしれません。それにより乾燥肌を食い止める事が出来ますので医師やスタッフの方と相談をして行いましょう。

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています