コラム
医療脱毛後に大量の脇汗・永久脱毛・サロン脱毛

医療脱毛でツルツルになった脇。しかし裏腹に大量の脇汗に悩まされる人が多いようです。
医療脱毛と脇汗にはどんな関係があるのでしょうか。

 

医療脱毛と脇汗の関係

 

カミソリや毛抜きを使った日頃の煩わしいムダ毛処理から解放されるために医療脱毛で永久脱毛する人が増えています。脱毛してきれいになったのはいいですが、大量の脇汗に悩まされるというケースが増えています。
医療脱毛で脇がツルツルになったらまるで多汗症にでもなったかのように大量の脇汗をかくようになったといいますが、これはレーザーと関係があるのでしょうか。
レーザーが影響を与えるのは毛穴なので直接的な関係はないといいますが、多くの人が医療脱毛後にこういった悩みを抱えているといいます。これはなぜなのか、それは脇毛がスポンジのような役割を果たしていたからです。脇汗をかいてもそれが一旦脇毛に付着してそこで蒸発していたので、意外と多くかいていても気付かないのです。それが、脇毛がなくなったことでそのまま肌に流れ落ちるようになったので、汗が増えたと感じてしまうことが多いようです。

 

医療脱毛後の脇汗対策

 

スポンジの役割を果たしていた脇毛がなくなったので汗が増えたように感じるだけで、量は増えていません。ただ、蒸発するための脇毛がないので皮膚にそのまま流れ落ち、洋服に付着します。すると雑菌が繁殖して臭いの原因となります。
そこで医療脱毛後の脇汗対策としては常に清潔を心掛けましょう。汗をかいたら直ちに拭き取って清潔にすれば雑菌も繁殖しません。しかししょっちゅう拭き取れない、そんな方は汗取りパッドを利用するといいでしょう。パッドが水分を吸い取ってくれるので雑菌の繁殖を防いで清潔に保つことができます。ドラッグストアなどで簡単に入手できますが、ちょっと恥ずかしいというならネット通販が便利です。
脇毛は大事な脇を守るために生えていることはわかっていても、汗の蒸発と関わっていることまで理解している人はそう多くはありません。脱毛の前にこういった弊害もあることを知っておくと、その後の対処法もバッチリで安心です。

おすすめ医療脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

おすすめエステ脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています