コラム
手の甲の永久脱毛は効果が出やすくリスクの少ない!

効果が出やすくリスクの少ない、手の甲の永久脱毛

手の甲は女性らしさの表れる部位と言われている通り、意外に見られている場所です。
ケアを忘れがちな手の甲ですが、実は効果が出やすくリスクが少ないので永久脱毛に向いています。

 

手の甲を永久脱毛するメリット。レーザー脱毛と電気針脱毛の比較

 

手の甲の毛は一見あまり目立ちませんが、毛質はしっかりとしているので、永久脱毛の効果が期待できる部位です。更に、医療脱毛を行うことによって伴う増毛や硬毛化、毛包炎といったリスクがほかの部位よりも少ないというメリットがあります。手の甲の施術のみであれば、着替える時間も必要なく約10分~15分ほどという比較的短時間で終わります。感じる痛みも平均的なので、既に脱毛を経験している方であればさほど気にするレベルではありません。

 
電気針脱毛とレーザー脱毛を比較すると、痛み、時間、価格ともにレーザー脱毛の方がバランスのとれた施術方法となっています。しかし、電気針脱毛は痛みと時間はレーザー脱毛よりもリスクがありますが、1つ1つの毛根を、手作業で完全消滅させていくのでより短期間で、高い効果が期待できるメリットがあります。手の甲は施術後に伴うリスクが少ないので、自分の希望するプランに沿って施術方法を選ぶことができます。

 

永久脱毛後の手の甲のケア方法は?

 

永久脱毛後、レーザーなどを照射したところは、毛が丸ごと抜けてしまっているので、毛穴が完全に開きっぱなしの状態になります。手の甲は人の目にさらされる部位なので、しっかりとアフターケアをしてあげることが重要です。ケア方法として挙げられるのは、保湿をしっかりと行うことです。開いた毛穴とレーザー等で衝撃を受けた肌に対する負担を減らしてあげるように働きかけることで、自然と毛穴が目立たなくなっていきます。ハンドクリームなど、手の甲に適した保湿ケア用品でもいいですし、フェイシャル用の保湿成分が高い化粧水や乳液などでケアしてあげると、より高い効果が期待できます。

 
それでも毛穴が気になる場合は、指先に視点が行くようにネイルアートを施してあげたり、少し大ぶりのリングをつけたりなどの対処法でごまかすこともできます。まずは、脱毛施術を担当したスタッフと相談して、毛穴と肌に負担のないケア方法を選び、時間をかけて行っていきましょう。

関連コラムはこちら

永久脱毛に弊害はあるのか?永久脱毛のメリットは処理が楽になる事
おでこの永久脱毛の注意点・永久脱毛・サロン脱毛
アトピーは永久脱毛できないのか
胸の永久脱毛での注意点
何歳からから永久脱毛してもいい・永久脱毛・サロン脱毛

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています