コラム
胸の永久脱毛での注意点

胸の永久脱毛での注意点

  永久脱毛の人気部位というと脇ですが、意外と人気が胸です。 この部分がきれいになると、肩の開いたドレスなどもきれいに着こなせるようになるからです。  

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛がやけどのおそれがあるのは

  胸の永久脱毛で注意したいのがやけどです。特に乳輪は色素が多いのでレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、その色素に反応してやけどの恐れがあるのです。 というのはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で使用する光はどちらも黒い色に反応する性質があるからです。黒い色の毛根だけをターゲットにして熱ダメージを与えて毛の再生を阻止するのが光を使った脱毛法の特徴です。黒い色に反応するのでムダ毛が伸びたままでは伸びた部分に光が反応してやけどの恐れがありますし、効率よく脱毛できないことから、照射日の前日までにシェービングをすることとなっているのです。     胸脱毛の中でも乳輪などの色の濃い部分は肌の中にメラニン色素が多いのです。このメラニン色素は黒い色をしているので、照射をすると毛根ではなく肌内部のメラニンに反応してやけどになることがあるので、あまりに色が濃い場合は照射できないことがあるのです。同じくシミやほくろ、タトゥーなどの色の濃い部分にも光が反応する恐れがあるので基本的に照射できません。  

安全に脱毛するための事前準備

レーザーは黒い色に反応するので、施術日までに正しくシェービングすることでやけどは防げます。ただ、乳輪などの色の濃い部分の場合はそれとは違った事前準備が必要になることがあります。それは色素沈着を薄くするという準備です。 そもそも色が濃いと肌内部のメラニンに反応してやけどの恐れがあるので照射できません。そこでしみ取りクリームのようなものを使って色を薄くする必要があります。またそこまで色が濃くないけれど心配な場合は保湿をするといいでしょう。充分な保湿で色が薄くなることは多々あります。 胸を永久脱毛すると自己処理の必要がなくなります。カミソリなどの自己処理が刺激となって色素沈着を進めることもあるので、その行為がなくなれば色も薄くなるというメリットがありますし、乳輪だけでなくデコルテから胸にかけてきれいになれば肩の開いた洋服もおしゃれに着こなせるようになるのです。 人に見られない部分に気を遣ってこそ本当のレディなのです。

関連コラムはこちら

永久脱毛に弊害はあるのか?永久脱毛のメリットは処理が楽になる事 手の甲の永久脱毛は効果が出やすくリスクの少ない! おでこの永久脱毛の注意点・永久脱毛・サロン脱毛 アトピーは永久脱毛できないのか 何歳からから永久脱毛してもいい・永久脱毛・サロン脱毛

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています