コラム
胸の医療脱毛にかかる回数って?確実に結果を出す方法

自己処理しにくい胸や背中は、少ない回数で済む医療脱毛がオススメ

  背中や胸の産毛は細いので、逆に脱毛効果が出にくい場所です。 効果が高い医療レーザー脱毛でないと、納得いく効果が得られません。 987eb9bc7840078e686a8c546e4b2a51_s  

約5倍の効果で通う回数も少なく!胸・背中医療脱毛

  エステでの光脱毛も医療レーザー脱毛も、黒い色に反応する性質を利用して毛を生えなくする主なシステムは一緒です。体の中でも背中など自分での自己処理が難しい場所は、脱毛するメリットが大きな場所です。   しかし、毛根を「死滅」させる必要がありますが背中脱毛を行うことは本来は医療行為です。背中の毛根は体毛の中でも極めて薄いので医療行為が出来ないエステでの脱毛では毛根に「ほんの少しダメージを与える」程度なので、脱毛エステではかなりの回数をこなさないと脱毛できません。 また、医療機関での医療行為なので医師や看護師が施術するのも、医療レーザー脱毛のメリットです。そのほかにも、ほとんどないことですが万が一火傷やひどい赤みが出た際に、医師が常駐しているためにすぐに診察を受けることができ、必要ならば薬も出してもらえること、痛みがつらい場合には患部に麻酔を使用できること、エステに比べて予約が取りやすいことが挙げられます。 唯一のデメリットはエステでの脱毛に比べて最初に掛かる料金が高いことですが、使用する機械も医療機関で使用するものの方が高額であり、また施術スタッフが医療技術者であることなどが主な理由です。また、医療脱毛は効果が5倍程度あるので、エステで三年通うところが1年で完璧に綺麗になります。結果的に医療の方がトータルの料金が割安になるケースが殆どといっていいでしょう。  

胸・背中の医療レーザー脱毛、実際に効果が出るまでの回数は?

医療脱毛 胸 回数

医療脱毛 胸 回数

背中や胸、おへその周りなどは膝下のムダ毛と比べて毛が細いのが特徴です。   医療レーザー脱毛は毛のメラニンという黒い色素に反応して、毛が生える大元になる毛乳頭という細胞を破壊するので、毛が細い箇所はこのメラニンの量自体が少ないため、毛が太い箇所よりも回数が多くかかる傾向にあります。   脱毛を効果的に行うには、しっかりとしたレベルの照射と、毛の生え変わる周期(毛周期)の見極めが重要になります。医療レーザー脱毛ではエステ脱毛とは桁違いの出力があるので、照射レベルの問題はありません。 次に毛周期ですが、人間の毛は一度に全部の毛が生えているわけではありません。   だいたい全体の20パーセント程度の毛が発毛しており、残りの毛は生え変わるために休んでいたり、成長を終えて抜けたりするのを待っている状態です。よって、次のサイクルの毛が生え揃ったタイミングで照射することが最も効率の良い脱毛サイクルで、ほとんどの人が6回ほどの照射ですべての毛の照射を終えます。   エステ脱毛の場合、背中の細い毛にレーザーを照射しても、ほとんど結果を出すことが出来ないので、脱毛効果を感じずらい傾向があるようです。 少ない回数で確実に効果を出したいのなら、胸や背中の脱毛の際は医療脱毛を選ぶ方がコスパが良いということですね。   個人差はありますが、医療脱毛のレーザーであれば、1回目から回数をこなさなくてもかなりの効果を実感できます。

効果と回数で選ぶ!胸・背中脱毛キャンペーン中の医療脱毛クリニック

・医療脱毛のマリアクリニック 全国口コミランキング1位:マリアクリニック (紹介ページに飛びます)   マリアクリニック公式 (公式ページに飛びます)  

関連コラムはこちら

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 脱毛口コミ学園 生理中の医療レーザー脱毛について・永久脱毛・サロン脱毛 やけどする?医療レーザー脱毛・サロン脱毛

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています