コラム
膝下脱毛する前に知っておくべき基礎知識

膝下脱毛する前に知っておくべき基礎知識

  膝下脱毛できれいな足をゲットしたい。 そんな膝下脱毛を受ける上で知っておきたい基礎知識をご紹介します。  

膝下脱毛の範囲と脱毛の副作用

  膝下脱毛で勘違いされがちなのがその範囲です。膝下という名称だから、膝を含めて膝から下の足の部分を全て脱毛できると思いきや、多くの場合で膝を除いた部分、しかも足の甲や指はまた別なのです。どうせだから膝小僧から足の指までやってくれればいいのにと思う気持ちはわかりますが、この部位はただでさえ面積が大きいので仕方ないのです。膝小僧や足の指なども気になるなら、それは別コースで受けるべきです。 また意外と知られていませんが、脱毛後に副作用のような症状が出ることもあり、命にかかわるような症状ではないですが、傷跡になっては大変なのでちょっと知っておきましょう。まずは赤くなることです。軽いやけどのように赤くなることがありますが、この程度なら安静にしておくと翌日には治ります。また白にきびのようなものができることもまれにあります。これは肌内部に残った処理された毛を異物とみなして外に出そうとして起こるものです。施術を受けたクリニックで処置をしてもらえればすぐによくなります。  

脱毛前と脱毛後の注意点

  膝脱毛だけでないですが、医療レーザー脱毛には注意点があります。レーザーを使って肌内部の毛根を熱で処理する方法なので、脱毛前・脱毛後の禁止事項があるのです。 それは激しい運動、入浴、飲酒などの身体を温める行為です。肌内部が軽いやけど状態なので身体を温めると炎症が広がってやけどになる恐れがあるためです。また日焼けもNGとされています。日焼けというのは肌内部で黒色のメラニン色素が大量発生した状態で照射をすると肌内部のメラニンに反応してやけどの恐れがあるからです。また脱毛直後の肌の日焼けはデリケートな肌を傷めつける意味でNGです。それに次の予約までに日焼けが治らなかった場合、照射してもらえないこともあるので注意です。 また施術日の服装にも要注意、照射後の肌はデリケートなので服の擦れがダメージとなることがあります。かといって紫外線に直接さらすのもおすすめできないので、施術当日は綿や絹のズボンかロングのスカートがいいでしょう。  

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています