コラム
脱毛でわきがが治るのか、わきがと脱毛は無関係

脱毛でわきがが治るのか

  わきの下などの特定の部位から鼻をつくツンとした臭いがするわきが。 脱毛でわきがが治るのでしょうか。  

わきがと脱毛は無関係

  わきの下などから嫌な臭いがするのがわきがです。レーザー脱毛でわきがになることがあるのでしょうか。 実はわきがはアポクリン汗腺といって通常の汗腺とは違う白色の汗を出す汗腺が異常に多く発達していることが原因なのです。通常の汗は、ほとんど水分の汗を分泌するのがエクリン汗腺によるものですが、アポクリン汗腺は皮脂やアンモニアなどの成分が混じった汗をかきます。元々はこれが異性を惹き付けるフェロモンだったらしいのですが、今ではそれはほぼ意味をなさずにわきがと言われる症状になったのです。 ここでレーザー脱毛とわきがの関係を見て行きます。レーザーは毛根だけに作用して汗腺には作用しません。そのためレーザーで毛がなくなっても臭いの原因のアポクリン汗腺はそのままなので臭いは治りません。ただ、その臭いを拡散する元であったわき毛がなくなることで、臭いの広がりはある程度防げるようです。しかし根本的解決にはならないので、本気で解決したいなら汗腺の切除などの外科的な治療が必要です。  

レーザー脱毛後にわきの臭いが気になるようになった

  わきがではなかったのにレーザー脱毛でわき毛がなくなった後、わきの臭いが気になるようになったという口コミを目にします。 こう聞くとレーザーが悪さをしているように感じますが、実は原因はムダ毛がなくなったことで汗が直に皮膚に付着するようになったからなのです。わき毛があった時は分泌された汗は一旦わき毛に付着し蒸発していましたが、そのわき毛がなくなったことで付着するところがなくなり、皮膚にそのまま付着するようになります。その汗が皮膚の雑菌と混じったことが原因で嫌な臭いが発生するのです。 またもう一つ考えられるのが開いた毛穴に皮脂や汚れた詰まったことです。脱毛で毛がなくなっても毛穴は残ります。その毛穴に詰まった汚れが酸化して嫌な臭いが発生することがあるのです。この場合はこの汚れを取り除いて毛穴を引き締めることで臭いが解消します。 このようにレーザー脱毛後に臭いが発生するには光の作用ではなく、毛がなくなって汗が蒸発しなくなったこと、毛穴に汚れが詰まったことが原因なのです。

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています