コラム
襟足のムダ毛は脱毛のプロにお任せ

おすすめ医療脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

おすすめエステ脱毛ランキング ⇒ ランキングから探す

襟足のムダ毛は脱毛のプロにお任せ

 

意外と視線が気になるのが襟足です。後姿美人になるのはこの部分の脱毛が欠かせません。
襟足は見えないので自己処理は危険、プロに任せて脱毛すべきです。

 

襟足の自己処理のデメリット

 

うなじという日本語があるように、首から方にかけてのラインが美しいのが美人の条件とも言われています。襟足のムダ毛を自己処理するには合わせ鏡をしてカミソリでするという方法になります。器用な方ならこの方法でも剃ることはできるでしょう。

 
しかしカミソリで剃るという方法は肌荒れを招きますし、剃った時の毛の断面が大きくなって生えてくる毛が太く見えることもあります。またカミソリによってとがった毛先が肌を突き破って埋没毛の恐れもあるのです。このようにカミソリを使った自己処理には様々なデメリットもありますが、それを避けるためにと何もしないわけにはいきません。
そんな方におすすめが脱毛です。最近主流の光やレーザーを使った脱毛法なら光を当てるだけで簡単にお手入れできます。これなら手が滑って肌を傷付ける恐れはないですし、続けることで毛を生えてこなくすることもできるのです。エステやクリニックのスタッフと相談して自分のなりたい襟足にデザインもできるのです。

 

襟足脱毛なら医療脱毛がおすすめ

 

襟足をきれいにしたいなら医療脱毛がおすすめです。脱毛サロンでもできますが、光が弱いので何年もかけて何回も通わないといけません。それに襟足の毛は強いので、医療脱毛の強い光が効果的なのです。
また襟足脱毛を受ける前には仕上がりのデザインを決めておくという注意点があります。腕や足などとは違ってツルツルにすればいいという部分ではないので、全体的に毛量を減らす、形を整えるなど、デザインを決めておくことです。

 

一度処理をすると二度と毛が再生しないのでどんなデザインにするのかよく考えることです。
ただ、敏感肌で医療脱毛ができない方もいるでしょう。そんな方は脱毛サロンの弱い光でじっくりと取り組むのがいいでしょう。弱い光でじっくり取り組めば弱い肌でも安心ですし、期間が長いのでどんなデザインにするのかもよく考えることができます。
一般的には医療脱毛でのお手入れが短期間できれいにできて効率的ですが、肌が弱かったり痛みに弱ったりするなら脱毛サロンという選択肢もありなのです。

このコラムを見た人はこんなコラムも見ています